親は辛いよ【少年野球】中学クラブチームで実際にあった親のトラブルと対処法

少年野球は親も大変というのはよく聞く話ですよね。

少年野球や中学硬式クラブチームに入っていると残念ながら子供よりも親のトラブルが多いのが実情です。

実際に僕も中学1年時にトラブルに巻き込まれました。

どんなトラブルに巻き込まれたのか。

どう対処したのかをお伝えしたいと思います。

少年野球に親のトラブルは付きもの

僕は小学校の時からリトルリーグで硬式野球をしていました。

親も野球が好きで目指せ甲子園!

中学でも硬式クラブチームに入るのが大前提といった感じでした。

中学に上がる時に僕には2つのチームの選択肢がありました。

  • 家から少し遠い強豪チーム
  • 家から近い弱小チーム

個人的には近いところでいいかなと思っていましたが強豪チームに入った方が高校進学時に有利だろうという親の勧めで強豪チームに入ります。

強豪チームには選手はもちろん熱心な親も必然的に多くなります。

熱心な親が多く集まると…

 

実際に僕がいた強豪チームは野球強豪高にかなりの進学実績があり、毎年多数の選手を強豪校に送り出していました。

ブーちゃん
プロ野球選手を何人も育ててる有名なとこやったな

高校野球の推薦事情についてはこちらをご覧ください。

 

実際にあったトラブル

僕がトラブルに巻き込まれた理由は主に2つあります。

  • 車を所有指定いなかった
  • 僕が野球が上手かったことへの妬み

では実際にどういったトラブルに発展したのかを解説します。

ブーちゃん
中学までは上手かったんやけどなあ
ぼんた
中学まではね( ;∀;)

車を出せないことに嫌味を言われる

強豪クラブチームはよく遠征に行きます。

チームのメイングラウンドは自宅から自転車で30分ぐらいの所にありました。

練習の時は何も問題ないのですが練習試合や大会の時はメイングラウンドまで各自集合。

親が車を出して乗り合いで行きます。

ぼんた
チームでバスを持ってるところもあるよ

仕事が忙しく参加できない親、そもそも車を所有していない家庭もあります。

我が家は車を所有していませんでした。

当然毎週のように車を出す方は面白くありません。

するといつも車を出しているチームに協力的な親と非協力的な親で自然と派閥のようなものができてしまいます。

さらに当時のチームはトラブルを避ける為にガソリン代や駐車場代などのお金のやりとりが禁止されていました。

金銭的にも肉体的にも車を出す家庭に負担がかかります。

うちの親はなんとか協力的なところを見せようと練習時にはほぼ毎回参加して手伝いをしていましたが次第にネチネチ嫌味を言われるようになります。

野球が上手いことへの妬み

当時のチームは3年生主体の Aチームと1、2年生のBチームに別れていました。
片や親が非協力的なレギュラー選手。
片や親が協力的なほぼ試合に出れない選手。
ブーちゃん
そら試合出れん方はいい気せーへんで
選手同士の仲は良かったのですがやはり親同士はそうはいかず。
ネチネチ嫌味を言われ続けた結果、子供ながらに分かるくらいに親が疲弊してしまいました。

トラブルにどう対処したか

結果的に1年生の秋にチームを退団し、家から近い弱小チームに移籍しました。
親はずっと我慢するつもりだったようですが僕が見てられなくて
ぼんた
今のチーム辞めてもいいよ
と自分から言いました。

移籍して変わったこと

移籍先の弱小チームには小学校時代の友人もいて内部事情はある程度分かっていました。
強豪チームとは何もかもが違いました。

選手のレベルは低く、親も「息子を甲子園に!」と言う訳でもないのでみんなでワイワイ。

練習試合の数も少なく、練習時間も短め。

そして監督もその辺のおっさんという感じでした。

ブーちゃん
ほんまにその辺の土建屋の社長やったなw

移籍して良かった?

選手としてのレベルアップという意味では強豪チームにいた方が良かったかもしれませんが…
僕は移籍して良かったと思っています。
やはり親が辛そうなのを見るのは嫌なものです。
親が一番心配していた野球推薦の話も5校ぐらいからいただきました。
結果的に推薦の話は全て断り、近所の強豪校へ進学しましたが。

少年野球、中学野球には連盟ごとに移籍ルールが決められています。

連盟内や同一市内での移籍が禁止されているなど地域、連盟によってルールが変わります。

僕の場合はボーイズリーグ→シニアだったので問題なく移籍できました。

実際にあったトラブルと対処法まとめ

何かトラブルがあった場合にはまずチームの代表に相談するのも手でしょう。
しかし相談することによって余計にややこしくなる可能性もあります。
何より一度トラブルになった人と3年間平穏に過ごすのは難しいでしょう。
子供は思っている以上に親の変化に敏感です。
子供の為と思って我慢している方もいると思います。
環境を変えることに不安があるかもしれませんが意外と上手くいくかもしれませんよ?
強豪チームだろうが弱小チームだろうが結局は本人次第です。
野球は楽しいものです。
トラブルに巻き込まれないのが一番ですがもし巻き込まれたら移籍を考えてみてはいかがでしょうか。
ツイッターもしくはコメント欄からご相談も受け付けてますのでお気軽にどうぞ^ ^
follow me!!