2020年【春の選抜高校野球】東海地区代表の過去の成績と今年の出場校は?

2020年3月19日に開幕する令和初の春の選抜高校野球。

出場校32校は1月24日に決定しました。

そこで今回は各地区別で平成以降の過去の代表校の成績を振り返ります。

東海地区代表の過去の成績

東海地区は例年2枠。

基本的には秋の東海大会上位2校が選出されます。

東海地区は愛知、静岡、三重、岐阜の4県。

 
ブーちゃん
4県で2校なら妥当やな
年度 出場校 選抜成績
2019

東邦

優勝

2018

東邦

初戦敗退

2017 至学館 初戦敗退
2016 東邦 1勝
2015

豊橋工※1

初戦敗退

2014

豊川

ベスト4

2012

愛工大名電 

ベスト8

2010

中京大中京

ベスト8

2009

中京大中京

ベスト8

2008

成章※1

中京大中京

1勝

初戦敗退

2006

愛知啓成

1勝

2005

愛工大名電

東邦

優勝

ベスト8

2004

愛工大名電

東邦

準優勝

1勝

2003

愛工大名電

東邦

1勝

初戦敗退

2002

愛工大名電

中京大中京

初戦敗退

初戦敗退

2001

東邦

初戦敗退

2000

享栄

愛産大三河

初戦敗退

初戦敗退

1999 東邦 初戦敗退
1998

豊田西

2勝

1997

中京大中京

準優勝

1996 東邦 1勝
1995

大府

1勝

1994 大府 初戦敗退
1993 大府 初戦敗退
1991

東邦

愛工大名電

初戦敗退

初戦敗退

1990 享栄 1勝
1989 東邦 優勝

※1=21世紀枠

最多出場

平成以降の最多出場は東邦の11回。

愛工大名電が6回、中京大中京が5回となっています。

愛知県勢としては平成31年間で34回出場。

21世紀枠でも2回選出されていて愛知県からはほぼ毎年出場しています。

最高成績

平成以降では東邦が2回、愛工大名電が1回優勝しています。

流石は野球王国愛知です。

愛知県は県別の優勝回数で大阪と並んでトップ。11回の優勝があります。

高校別選抜優勝回数でも東邦が5回で1位。

中京大中京が4回で2位となっています。

 
ぼんた
2019年は東邦が優勝したよね

愛知県の勢力図

愛知は東邦、中京大中京、愛工大名電の私立3強。

しかし享栄、愛産大三河、大府など第二グループも実力は十分。

全体的にハイレベルで大阪、神奈川と並ぶ最激戦区だ。

岐阜県代表の成績一覧

2017 多治見※1 初戦敗退
2015 県岐阜商 ベスト8
2013 県岐阜商 ベスト8
2011

大垣日大

1勝

2010

大垣日大

ベスト4

2007

大垣日大

中京

準優勝

初戦敗退

2006 岐阜城北 ベスト4
2003 中京 1勝
2001 岐阜一 初戦敗退
1995

県岐阜商

初戦敗退

1989 県岐阜商 初戦敗退

※1=21世紀枠 ※2=希望枠

最多出場

平成以降の最多出場は県岐阜商の4回。

続いて大垣日大が3回となっています。

岐阜県勢としては平成31年間で12回出場。

21世紀枠での出場は1回です。

最高成績

2007年希望枠として出場した大垣日大の準優勝が最高成績。

県岐阜商は昭和初期に3回優勝している超古豪です。

岐阜県勢は平成以降12回出場中5回ベスト8以上と好成績を納めています。

 
ブーちゃん
大垣日大は優勝まであと一歩やったな

岐阜県の勢力図

県岐阜商、大垣日大に2019年夏ベスト4の中京学院大中京がトップグループ。

2018年に名将鍛治舎監督が就任したことで再び県岐阜商の時代になる可能性も。

 
ぼんた
名将の所にはいい選手が集まるからね

 

静岡県代表の成績一覧

年度 出場校 選抜成績
2018

静岡

1勝
2017 静岡 1勝
2015 静岡 ベスト8
2013 常葉菊川 2勝
2011 静清

1勝

2009 掛川西 初戦敗退
2008 常葉菊川 1勝
2007

常葉菊川

優勝

2004

常葉菊川

初戦敗退

2003

浜名

初戦敗退

1999 静岡

1勝

1998 島田商 初戦敗退
1997 浜松工 1勝
1996 浜松工 1勝
1993

市立船橋

1勝

1994 掛川西 初戦敗退
1993 浜松商 2勝
1992 御殿場西 初戦敗退
1990 浜松商 1勝

 

最多出場

平成以降の最多出場は静岡、常葉菊川の4回。

静岡県勢としては平成31年間で18回出場。

21世紀枠での出場はありません。

最高成績

2007年習志野、常葉菊川の優勝が最高成績。

その他は2015年に静岡がベスト8に進出したぐらいで目立った成績は残せてません。

 
ぼんた
大垣日大との決勝は熱かったね

静岡県の勢力図

常葉菊川、静岡が安定して強い。

浜松工、浜松商など公立勢も最近は出場できていない。

新興勢力の台頭に期待したい。

 

三重県代表の成績一覧

年度 出場校 選抜成績
2019 津田学園 初戦敗退
2018

三重

ベスト4

2016 いなべ総合 初戦敗退
2014 三重 初戦敗退
2013

菰野

初戦敗退

2012 三重 1勝
2010 三重 1勝
2008 宇治山田商 1勝
2002 津田学園 1勝
2001 四日市工 初戦敗退
2000 四日市工 1勝
1999 海星 ベスト8
1998 鈴鹿 初戦敗退
1997 桑名西 初戦敗退
1996 津田学園 初戦敗退
1995 三重 初戦敗退
1994 桑名西 ベスト4
1993 海星 初戦敗退
1992

三重

四日市工

ベスト8

初戦敗退

1991 三重 初戦敗退
1990 三重 ベスト8
1989 日生二 初戦敗退

 

最多出場

平成以降の最多出場は三重の8回。

平成31年間で三重県勢の出場は23回。

21世紀枠での出場はありません。

 
ブーちゃん
そもそも三重って近畿じゃね?

最高成績

三重、桑名西のベスト4が最高成績。

2018年三重の大阪桐蔭との試合をを覚えている方も多いのではないでしょうか。

三重は出場8回中ベスト8以上が3回あります。

 
ぼんた
大阪桐蔭最強世代を延長まで追い詰めたよね

三重県の勢力図

近年は三重、津田学園、宇治山田商、いなべ総合が強い。

四日市工、海星などはしばらく甲子園から遠ざかってしまっている。

 

東海地区代表2020年出場校と過去の成績まとめ

2020年の選抜は東海地区から中京大中京、県岐阜商業、神宮枠で加藤学園が出場。

中京大中京は秋の神宮王者。

神宮王者は選抜で優勝できないジンクスを破れるか?

県岐阜商はダークホースとして波乱を起こせるか!?

東海地区代表の戦いに注目です!