天理・大阪桐蔭・履正社【2020年選抜高校野球】幻の甲子園メンバーを紹介!

新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれていた第92回選抜高校野球。

残念ながら史上初の中止となってしまいました。

天理・大阪桐蔭・履正社 幻の甲子園メンバーを紹介!

選手の気持ちを思うと言葉がありません。

野球人として、野球ブログ運営者として何かできることはないか。

僕にできることはほとんどありませんが、せめて出場するはずだった選手達を記録に残したい。

ということで出場予定だった選手達を紹介したいと思います。

 

※メンバーは秋の大会のものです。

天理(奈良)

私立・5年ぶり24度目

部員:56人(マネージャー6)

甲子園出場歴:春23回・夏28回

2019年秋季大会:奈良3位・近畿優勝

名前 背番号 守備 新学年 出身中学 中学所属チーム
庭野 夢叶

埼玉 八潮 流山ボーイズ
山元 太陽 大阪 能勢 レッドスターBBC
河西 陽路 橿原 橿原磯城シニア
田中 輝希 大阪 浜寺 大阪狭山ボーイズ
下林 源太 大阪 蒲生 大阪北ボーイズ
杉下 海生 大阪 田尻 泉佐野シニア
瀬 千皓 生駒上 生駒ボーイズ
山地 裕輔 大阪 大阪南 大正シニア
河村 拓民 福井 藤島 福井嶺北シニア
逸見 顕太郎 10 徳島 土成 徳島藍住シニア
田中 勝大 11 京都 藤森 京都洛南ボーイズ
吉岡 大誓 12 天理 中学軟式野球部
山田 孝徳 13 和歌山 湯川 和歌山日高ボーイズ
福重 翔三 14 岡山 瀬戸 早島ボーイズ
内山 陽斗 15 大阪 松原第四 羽曳野ボーイズ
嶋田 優心 16 大阪 東住吉 松原ボーイズ
江口 巨樹 17 佐賀 鍋島 佐賀藤本BBC
達 孝太 18 大阪 浜寺南 泉州阪堺ボーイズ

キープレイヤー

達孝太は更なる成長が期待される長身ピッチャー。

近畿決勝で大阪桐蔭打線を抑えて優勝に導く。

下林源太は秋の大会5割、5本塁打、14打点。

不動の1番打者として近畿制覇の立役者だ。

杉下海生は超高校級の天理打線の中でも守備職人。

中学時代U15W杯でベストナインに選ばれた実績あり。

大阪桐蔭(大阪)

私立・2年ぶり11度目

部員:43人

甲子園出場歴:春10回・夏10回

2019年秋季大会:大阪優勝・近畿準優勝

名前 背番号 守備 新学年 出身中学 中学所属チーム
藤江 星河

長崎 諫早 諫早ボーイズ
吉安 遼哉

港南 西淀ボーイズ
船曳 烈士 兵庫 龍野西 佐用スターズ
加藤 巧也 岡山 京山 ヤンキース岡山
西野 力矢 和歌山 粉河 南大阪BBC
伊東 光亮 広島 五日市南 広島中央シニア
上野 海斗 熊本 武蔵ヶ丘 熊本北シニア
池田 陵真 和泉 忠岡ボーイズ
仲三河 優太 栃木 大平 小山ボーイズ
前田 健伸 10 山口 末武 山口東シニア
申原 理来 11 兵庫 西代 神戸甲南ボーイズ
清水 大晟 12 三重 青山 伊勢志摩ボーイズ
柳野 友哉 13 兵庫 山手 神戸中央シニア
藪井 駿之裕 14 摂津第五 大東畷ボーイズ
松浦 慶斗 15 北海道 旭川明星 旭川大雪ボーイズ
竹中 勇登 16 岡山 金光 倉敷ビガーズ
関戸 康介 17 高知 明徳義塾 中学軟式野球部
浅野 駿 18 野田 大阪福島シニア

キープレイヤー

藤江星河はMAX141キロの本格派。

豊富な投手陣の中でも安定感は一番。

船曳烈士は右の大砲。

秋の大会も打率4割、3本塁打、13打点と打ちまくった。

西野力矢はチーム3冠王。

プロ注目の超高校級スラッガーだ。

 

履正社(大阪)

私立・2年連続9度目

部員:55人

甲子園出場歴:春8回・夏4回

2019年秋季大会:大阪準優勝・近畿ベスト4

名前 背番号 守備 新学年 出身中学 中学所属チーム小林 三邦
岩崎 竣典

大宮 大淀ボーイズ
関本 勇輔 兵庫 苦楽園 兵庫西宮ボーイズ
島野 圭太 堀江 大淀ボーイズ  
池田 凛 英田 生駒ボーイズ
小深田 大地 兵庫 飾磨中部 姫路アイアンズ
中原 雄也 久宝寺 大阪八尾ボーイズ
両井 大貴 泉ヶ丘東 松原ボーイズ
田上 奏大 住之江 西成ボーイズ
大西 蓮 兵庫 両荘 播磨ボーイズ
内 星龍 10 南千里 北大阪ボーイズ
衣笠 遼 11 兵庫 御影 神戸ドラゴンズ
松田 遼太 12 兵庫 氷丘 播磨ボーイズ
島 千輝 13 京都 広野 大阪交野ボーイズ
弓埜 祥太郎 14 玉出 西成ボーイズ
中島 颯人 15 兵庫 本多聞 神戸ドラゴンズ
田浦 和真 16 兵庫 大社 大淀ボーイズ
辰巳 颯 17 奈良 畝傍 奈良葛城ボーイズ
渡邊 純太 18 兵庫 宝塚 神戸中央シニア

キープレイヤー

小深田大地は2019夏全国制覇メンバーの主力。

秋の大会は打率5割超えと流石の打撃力。

岩崎竣典は絶対的エース。

大阪、近畿で9試合投げて防御率1・65は驚異の数字。

関本勇輔はキャプテンで4番で捕手とチームの要。

父親譲りの勝負強さでチームを引っ張る。

夏の代表を目指して

今回の中止を受けて選手達は本当にショックだったと思います。

気持ちの切り替えも簡単ではないでしょう。

しかしまだ夏があります。

まだ満足に練習すらできる状況ではありませんが、選手達には腐らずに夏の代表を目指してほしいと思います。

筆者は全ての高校球児を応援します!

 

follow me!!