【速報】2020年選抜高校野球は無観客試合で開催の方向へ!状況次第では中止の可能性も

新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれていた選抜高校野球。

本日3月4日に大会運営委員会が開かれ、開催の可否が協議された。

2020年選抜高校野球は無観客試合で開催の方向へ!

午後6時から高野連により会見が行われた。

現状は無観客試合で開催の方向で動き、3月11日に状況を見て再度開催可否を判断をことが発表された。

過去2度の大震災の時も強行されたので新型コロナウイルスが流行した当初は通常開催されるかと思われた。

実際に高野連は2月28日からの前売りチケットの発売を強行している。

しかし政府が休校要請やイベント、スポーツの自粛要請をしたことで事態は急変。

他競技の高校スポーツの全国大会が続々と中止され流石に野球だけ特別というわけにはいかないとも思われたが。

結局は開催の場合は無観客で行い、開催可否の結論を先延ばしにする形となった。

中止の可能性も残る

今回の決定でやるとしても「無観客」ということは決定。

3月11日の状況次第では中止もあり得るとのこと。

今回で完全に決定するかと思われたがそこはさすがの高野連。

記者から開催可否の判断の明確な基準があるのかと質問されたが明確な答えはなし。

とにかく選手の気持ちに答えてあげたいという精神論を熱弁していた。

本当に開催して大丈夫?