2020年【春の選抜高校野球】四国地区代表の過去の成績と今年の出場校は?

2020年3月19日に開幕する令和初の春の選抜高校野球。

出場校32校は1月24日に決定しました。

そこで今回は各地区別で平成以降の過去の代表校の成績を振り返ります。

四国地区代表の過去の成績

 

四国地区は例年2.5枠。

基本的には秋の四国大会上位2校が選出され、残りの1枠を中国大会ベスト4のチームと争います。

四国地区は高知、愛媛、徳島、香川、の4県。

 

 

高知県代表の成績一覧

年度 出場校 選抜成績
2018

明徳義塾

高知

1勝  

初戦敗退

2017

明徳義塾

中村※1

初戦敗退

初戦敗退

2016

明徳義塾

土佐

初戦敗退

初戦敗退

2014 明徳義塾 ベスト8
2013

高知

土佐※1

ベスト4

初戦敗退

2012 高知

初戦敗退

2011 明徳義塾

初戦敗退

2010 高知

初戦敗退

2008 明徳義塾

2勝

2007

室戸

高知

ベスト8

初戦敗退

2004 明徳義塾

ベスト4

2003

明徳義塾

1勝

2002 明徳義塾

ベスト8

2001 高知

1勝

2000 明徳義塾

ベスト8

1999 明徳義塾

1勝

1998 明徳義塾

ベスト8

1997 明徳義塾

1勝

1996 明徳義塾

ベスト8

1995 高知

初戦敗退

1994 高知商 1勝
1993

土佐

初戦敗退

1990 高知

初戦敗退

※1=21世紀枠

最多出場

平成以降の最多出場は明徳義塾の14回。

高知勢としては平成31年間で28回出場。

21世紀枠での出場は2回。

 
ブーちゃん
ほとんど高知と明徳やな

最高成績

平成以降では高知と明徳義塾のベスト4が最高成績。

明徳義塾は出場14回ベスト8以上が6回と安定しています。

 

 
ぼんた
昭和以前なら高知県勢は優勝3回、準優勝が5回もあるよ
 

高知県の勢力図

明徳義塾と高知の2強。

高知商、土佐が続く。

高知県は参加校が役30校と少ない。

しばらくは2強が続きそうだ。

愛媛県代表の成績一覧

2019 松山聖陵 初戦敗退
2018 松山聖陵

初戦敗退

2017 帝京五

初戦敗退

2015

今治西

松山東※1

1勝

1勝

2014 今治西

初戦敗退

2013 済美

準優勝

2010 今治西 初戦敗退
2009

今治西

西条

1勝

初戦敗退

2008 今治西 初戦敗退
2007 今治西

1勝

2006 今治北

1勝

2005

西条

新田

1勝

初戦敗退

2004

済美

八幡浜※1

優勝

初戦敗退

2000 今治西

初戦敗退

1999 今治西

ベスト4

1998 今治西

1勝

1997

宇和島東

初戦敗退

1996 松山商

初戦敗退

1995 今治西

ベスト4

1994 宇和島東

ベスト8

1993 宇和島東

初戦敗退

1992 松山商

初戦敗退

1990 新田

準優勝

1989 西条

1勝

※1=21世紀枠

最多出場

平成以降の最多出場は今治西の10回。

愛媛県勢としては平成31年間で28回出場。

21世紀枠での出場は2回。

 
ぼんた
平成以降は松山商はあまり出れてないんだね

最高成績

平成以降では済美の優勝が最高成績。

済美は出場2回で優勝、準優勝ととんでもない成績です。

 
ブーちゃん
済美の初出場初優勝はぶったまげたな

愛媛県の勢力図

済美、今治西、宇和島東が強い。

松山聖陵は近年力をつけてきている。

古豪の松山商、新田、西条はかつてのように輝けるか。

 

徳島県代表の成績一覧

年度 出場校 選抜成績
2019

富岡西※1

初戦敗退

2014 池田 1勝
2013 鳴門 1勝
2012

鳴門

ベスト8

2011

城南※1

1勝

2010

川島※1

初戦敗退

2008 小松島 初戦敗退
2006

小松島

初戦敗退

2004

鳴門工

初戦敗退

2003

徳島商

鳴門工

ベスト4

1勝

2002

鳴門工

準優勝

2001

小松島

1勝

1999

鳴門工

初戦敗退

1998

徳島商

1勝

1997

徳島商

初戦敗退

1993

鳴門商

初戦敗退

1992 新野

1勝

1991

小松島西

初戦敗退

1989

小松島西

初戦敗退

※1=21世紀枠

最多出場

平成以降の最多出場は鳴門工(現鳴門渦潮)の4回。

徳島勢としては平成31年間で20回出場。

21世紀枠での出場は3回。

 
ブーちゃん
四国は21世紀枠優遇されとるな

最高成績

平成以降では2002年、鳴門工の準優勝が最高成績。

オールドファンには最近の徳島勢の成績は少し物足りないですね。

徳島県の勢力図

徳島は最近は混戦ですが鳴門が少し抜けています。

昔から高校野球を見てる人間としては古豪の徳島商、池田辺りに頑張ってもらいたいところ。

 

\甲子園を現地観戦しませんか?/

 

香川県代表の成績一覧

年度 出場校 選抜成績
2019 高松商 1勝
2018 英明

初戦敗退

2016

高松商

小豆島※1

準優勝

初戦敗退

2015

英明

初戦敗退

2011 香川西

初戦敗退

2005

高松※1

三本松

初戦敗退

初戦敗退

2002 尽誠学園

ベスト8

2001 尽誠学園

ベスト8

2000 丸亀 初戦敗退
1996 高松商 初戦敗退
1995 観音寺中央 優勝
1994 尽誠学園 初戦敗退
1992 坂出商 初戦敗退
1991

尽誠学園

坂出商

初戦敗退

ベスト8

1990 高松商 ベスト8
1989 尽誠学園 初戦敗退

※1=21世紀枠

最多出場

平成以降の最多出場は尽誠学園の5回。

平成31年間で香川県勢の出場は19回。

21世紀枠での出場は2回。

 
ブーちゃん
尽誠学園は18年ぶりの甲子園やで

最高成績

観音寺中央の優勝が最高成績。

2016年には高松商が準優勝しています。

 

 
ぼんた
観音寺中央の優勝は忘れられないわ

香川県の勢力図

香川も混戦模様。

高松商、尽誠学園、英明、丸亀城西、香川西、寒川など代表校がコロコロ入れ替わっている。

尽誠学園が久しぶりの出場で波に乗れるか。

 

四国地区代表2020年出場校と過去の成績まとめ

2020年の選抜は四国地区から明徳義塾と尽誠学園が出場。

明徳義塾は高知3位から四国チャンピオンに。

神宮大会でも星稜に勝利して勢いがある。

尽誠学園はベスト8入りした2002年以来18年ぶりの出場。

四国勢の闘いに注目です!