【高校野球】甲子園狙うならここ!東京・関東地区甲子園出場回数ランキング

球児たちの憧れ甲子園。

誰もが甲子園に出場することを目標に高校野球の門を叩きます。

しかし実際に甲子園に出場できるのはほんのひと握り。

一口に強豪校と言ってもしばらく甲子園から遠ざかっている、一時期だけ強かったなど様々。

そこで当記事では平成以降、2010年以降の出場校をランキング化し、「今」甲子園に出場できる確率の高い高校を紹介します。

中学生の進路の参考に、高校野球観戦のお供にぜひご覧ください。

東京・関東地区平成以降甲子園出場ランキング

東京・関東地区は甲子園でも好成績を収めている名門が数多く存在します。

各県野球に力を入れている高校が多数あり強豪校にはハイレベルな選手が全国から集まります。

1989年(平成元年)から2020年(令和2年)センバツまでの出場回数ランキングです

※甲子園に行ける確率とメンバーになれるかは別問題なのでご注意を

西東京

高校
日大三 8 10 18
早稲田実 4 4 8
創価 3 4 7
東海大菅生 3 3 6
etc 3

※早稲田実は東東京時代も含む

平成以降では日大三が18回出場でダントツのトップ。

日大三は夏の甲子園優勝2回、選抜でも準優勝1回と全国でもトップレベルの名門校です。

2010年以降は

高校
日大三 4 4 8
早稲田実 2 2 4
東海大菅生 1 1 2
國學院久我山 1

1

2

2010年以降も日大三がトップ。

やはり日大三が頭一つ抜けています。

創価はしばらく甲子園から遠ざかってしまっています。

西東京で甲子園を狙うなら

  • 全国でもトップレベルの強さを誇る日大三
  • 高校野球界の人気者、早稲田実
  • そろそろシルバーコレクター返上か東海大菅生

日大三に進学できれば甲子園に出場できる確率は高い。

近年の東海大菅生の安定感にも注目したい。

早稲田実は今後不祥事の影響が出てくる可能性アリ!?
 

東東京

高校
帝京 8 10 18
関東一 4 7 11
国士舘 10 1 11
二松学舎大付 3 3 6
修徳 1 3 4

平成以降では帝京がトップ。

関東一、国士舘が続きます。

 
ぼんた
国士舘は極端に春に強いんだね

2010年以降は

高校
関東一  3 4 7
二松学舎大附 1 3 4
国士舘 2 0 2
帝京 1 1 2

2010年以降では関東一が逆転します。

平成初期に強かった帝京は3位タイに。

東東京で甲子園を狙うなら

  • 現状は東東京ナンバーワン関東一 
  • 関東一に並ぶ実力、二松学舎大附
  • センバツ出場数はトップ、国士舘

帝京、修徳あたりにもチャンスあり!

都立なら
2018、2019と夏の大会2年連続準優勝の都立小山台にも注目!

群馬

高校
桐生第一 6 9 15
前橋育英 2 5 7
健大高崎 4 3 7
前橋商 3 3 6
高崎商 3 3 6

平成以降では桐生第一が15回でトップ。

群馬の野球は私立3強が牽引している。

2010年以降は

高校
前橋育英 2 5 7
健大高崎 4 3 7
桐生第一 2

0

2

2010年以降では前橋育英と健大高崎がトップタイ。

前橋育英は2013年夏に初出場で全国制覇を達成。

桐生第一は直近10年は夏の甲子園に出場できていません。

群馬で甲子園を狙うなら

  • 2016年から4年連続で夏の代表、前橋育英
  • 高校野球ファンの人気は絶大、健大高崎
  • 通算出場数ではトップ全国制覇も経験している桐生第一

群馬は公立勢もレベルが高い。

前橋商、前橋工、高崎商の公立勢を甲子園で見たいファンも多いのでは?

\ コスパ最強!激安野球用品/

栃木

高校
作新学院  5 10 15
佐野日大 4 6 10
文星芸大付 1 5 6
宇都宮南 1 4 5
國學院栃木 3 0 3

平成以降では作新学院 が15回でトップ。

佐野日大が続きます。

2010年以降は

高校
作新学院 3 9 6
佐野日大

1

1 2
etc 1

2010年以降はほぼ作新学院が独占。

現在夏の栃木大会9連覇中、2016年には全国制覇も達成しました。

栃木で甲子園を狙うなら

  • 夏の栃木大会9連覇中、作新学院
  • 作新学院の勢いを止められるか!?佐野日大
  • 2015年から3年連続夏準優勝、春に強い國學院栃木
 
ブーちゃん
作新学院が聖光学院の記録に追いつくか注目や!

\ M球がどこよりも安い!!/

 草野球プレーヤー必見!/

茨城

高校
常総学院 8 14 22
水戸商 4 4 8
藤代 2 3 5
霞ヶ浦 1 2 3
etc 2

平成以降では常総学院が 21回でダントツ。

2位以下を大きく引き離しています。

2010年以降は

高校
常総学院  3 3 6
土浦日大

0

2 2
霞ヶ浦 0 2 2
藤代 0 2 2
水城 1 1 2

2010年以降も常総学院がトップ。

しかし2位以下はダンゴ状態。

水戸商は2002年以降甲子園から遠ざかっています。

 
ぼんた
今後常総学院の1強は崩れるんじゃないかと思ってるよ

茨城で甲子園を狙うなら

  • 春も夏も全国制覇経験あり、茨城の王者常総学院
  • 直近10年夏の予選で7回決勝進出の霞ヶ浦

霞ヶ浦のシルバーコレクター返上に期待したい。

2018年にセンバツ初出場。
新興勢力の明秀日立にも注目!!

千葉

高校
木更津総合 2 7 9
市船橋 1 5 6
千葉経大付 2 3 5
習志野 2 3 5
etc 4

千葉は飛び抜けた高校がない全国でも珍しい地区です。

平成以降では木更津総合が 9回でトップ。

2位以下は大混戦です。

2010年以降は

高校
木更津総合 2 5 7
習志野

1

2 3
東海大望洋 1 2 3

2010年以降も木更津総合がトップ。

東海大望洋が2位にランクインです。

千葉で甲子園を狙うなら

  • 千葉では1番の安定感、木更津総合
  • 2019年センバツ準優勝の習志野

直近10年で中央学院、専大松戸、東海大望洋 が甲子園初出場。

今後は戦国千葉がさらに混戦になるか、木更津総合が頭一つ抜け出すか要注目です。

埼玉

高校
浦和学院 10 11 21
花咲徳栄 5 7 12
春日部共栄 3 5 8
聖望学園 1 3 4
etc 2

平成以降では浦和学院が 21回でトップ。

花咲徳栄が続きます。

埼玉は私立4強などと言われていましたが現在は2強状態。

2010年以降は

高校
花咲徳栄 4 6 10
浦和学院

4

3 7
春日部共栄 1 1 2

2010年以降では花咲徳栄が浦和学院を逆転。

花咲徳栄は2017年に全国制覇を達成。

埼玉で甲子園を狙うなら

  • 今、最も勢いのある花咲徳栄
  • 埼玉の超名門、浦和学院

埼玉はしばらく2強状態が続きそう。

神奈川

高校
横浜 13 14 27
東海大相模 9 4 12
桐蔭学園 4 3 7
慶応 4 2 6
桐光学園 1 4 5

全国でも屈指の激戦区神奈川の中でも平成以降では横浜がダントツでトップ。

2位の東海大相模にダブルスコアをつけています。

2010年以降は

高校
横浜 4 5 9
東海大相模

4

4 8
慶応  1 1 2

2010年以降でも横浜がトップ。

東海大相模が僅差で2位。

慶応、桐蔭学園、桐光学園などの強豪校も神奈川2強の前では霞んでしまいます。

神奈川で甲子園を狙うなら

  • 通算成績は文句なしでナンバーワンの横浜
  • 横浜を超えそうな勢いの東海大相模

神奈川は私立の強豪校が密集している。

公立で甲子園に出場するのはかなり厳しい。

 
ブーちゃん
横浜は監督問題でゴタついてるから2番手グループにもチャンスありそうやな
 

山梨

高校
山梨学院 4 9 13
東海大甲府 3 6 9
甲府工 2 5 7
日本航空 1 5 6
市川 3 2 5

平成以降では山梨学院が トップ。

山梨は激戦区の関東地区に組み込まれているためどうしてもセンバツの出場回数が少なくなってしまいます。

 
ぼんた
平成初期に甲子園で大暴れしたミラクル市川もついに統合されちゃったね

2010年以降は

高校
山梨学院 3 5 8
東海大甲府 

1

3 4
日川 0 2 2

2010年以降でも上位は変わらず。

日川がランクインしています。

2010年以降で山梨から甲子園に出場しているのは上記3校だけです。

山梨で甲子園を狙うなら

  • 2016年から4年連続夏の代表、山梨学院
  • 山梨学院と肩を並べる名門の東海大甲府

2校のどちらかに進学できれば甲子園に出場できる確率はかなり高いでしょう。

甲子園狙うならここ!東京・関東地区まとめ

東京・関東地区は各県私立の強豪校が乱立している激戦区です。

甲子園でも好成績を収めている超名門が多数あります。

全国から有望な選手が集まるので名門校の中での競争も熾烈です。

甲子園を目指して進学してもチーム内で生き残れない可能性もあるので要注意です。

 

follow me!!