【高校野球】夏の甲子園地方大会参加校数ランキングから見る地域格差

近年チケットが取れないほどの盛り上がりを見せている夏の甲子園。

記念大会を除いて、例年出場できるのはたったの49校。

センバツと違い地方大会で優勝しなければ甲子園に出場できません。

しかし甲子園までの道のりには驚くべき地域格差があります。

地方大会参加校数ランキング

まずは2019年夏の大会の参加校数ランキングをご覧ください。

順位 都道府県 参加校数
1 愛知 188
2 神奈川 181
3 大阪 174
4 千葉 163
5 兵庫 161
6 埼玉 152
7 福岡 133
8 西東京 130
9 東東京 129
10 静岡 111
11 南北海道 105
12 茨城 93
13 広島 90
14 北北海道 85
15 長野 84
16 新潟 77
17 福島 75
18 京都 75
19 鹿児島 70
20 宮城 67
21 岩手 66
22 岐阜

66

23 沖縄

64

24 群馬

62

25 三重

62

26 栃木

59

27 岡山

59

28 山口

58

29 愛媛

58

30 熊本

58

31 青森

57

32 長崎

55

33 滋賀

49

34 宮崎

49

35 山形

48

36 富山

48

37 秋田

44

38 石川

44

39 大分

44

40 和歌山

39

41 島根

39

42 佐賀

39

43 奈良

38

44 香川

38

45 山梨

35

46 福井

30

47 徳島

30

48 高知

26

49 鳥取

23

地域格差の現状

最も参加校が多いのは愛知県で188校。

最も少ないのは鳥取県で23校。

両者では8倍ほどの差がついています。

 
ブーちゃん
思ってたよりすごい差やな

何回勝てば甲子園に行ける

2019年の愛知県代表は誉高校。
激戦区愛知をノーシードから勝ち上がって優勝したので8勝。
鳥取県代表は米子東高校。
シードもあり4回勝って優勝。

試合数でも2倍の差がついています。

戦術も変わってくる

試合数の差は戦術にも関わってきます。

例えば4試合なら問題なくても8試合をエース一人で投げ抜くのはかなり厳しい。

日本の猛暑と短い大会日程なら尚更です。

参加校の多い地域は選手層も厚くなければ勝ち抜くのは難しいです。

 
ぼんた
最近は継投が主流になってきてるね

センバツは意外と平等?

参加校数の格差を考えるとセンバツの出場枠は案外平等かもしれませんね。

東北地区は6県から2校しか出場できない為、春の方が甲子園に出場しにくい

理不尽な選考には色々と問題ありですが…

 

地方大会参加校数ランキングから見る地域格差まとめ

参加校数に格差はあるが、少ない県が弱いかというとそうでもないのが高校野球の面白いところ。

参加校数下位10県の中でも、智弁和歌山、天理、智弁学園、明徳義塾、敦賀気比など甲子園優勝経験のある強豪校が。

ただでさえ参加校数が少ない地域に飛び抜けた強豪校があると必然的に甲子園に出場できる確率が高くなる。

結果的にいい選手が集まるという無限ループになります。

メンバーになれるかは別ですが単純に甲子園に出場したいということなら参加校数の少ない県の強豪校に入るのが甲子園への1番の近道と言えるでしょう。