健大高崎・山梨学院・東海大相模【2020年選抜高校野球】幻の甲子園メンバーを紹介!

新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれていた第92回選抜高校野球。

残念ながら史上初の中止となってしまいました。

健大高崎・山梨学院・東海大相模 幻の甲子園メンバーを紹介!

選手の気持ちを思うと言葉がありません。

野球人として、野球ブログ運営者として何かできることはないか。

僕にできることはほとんどありませんが、せめて出場するはずだった選手達を記録に残したい。

ということで出場予定だった選手達を紹介したいと思います。

 

※メンバーは秋の大会のものです。

健大高崎(群馬)

私立・3年ぶり4度目

部員:70人(マネージャー7)

甲子園出場歴:春3回・夏3回

2019年秋季大会:群馬3位・関東優勝

名前 背番号 守備 新学年 出身中学 中学所属チーム

下 慎之介

佐野 高崎ボーイズ
戸丸 秦吾 藤岡西 高崎ボーイズ
安齋 駿斗 福島 信陵 東北楽天シニア
小澤 周平 横浜岡村 横浜南ボーイズ
山畑 陸 兵庫 伊丹笹原 宝塚ボーイズ
橋本 脩生 東京 羽村第一 東京城南ボーイズ
古滝 友哉 千葉 滝野 佐倉シニア
戸澤 昂平 埼玉 入間藤沢 武蔵狭山ボーイズ
山本 遼哉 岐阜 西陵 愛知瀬戸ボーイズ
橋本 拳汰 10 三重 大安 桑員ボーイズ
長谷川 秀 11 富岡南 富岡ボーイズ
福岡 勇人 12 奈良 生駒 生駒ボーイズ
木川 玲 13 神奈川 並木 横浜南ボーイズ
井岡 皇雅 14 桂萱 前橋中央ボーイズ
中田 隼哉 15 岡山 石井 東岡山ボーイズ
朝井 優太 16 栃木 間々田

小山ボーイズ

伊計 清矢 17 沖縄 与勝 うるま東ボーイズ
櫻井 秀太 18 伊勢崎第四 前橋中央ボーイズ

キープレイヤー

下 慎之介は左腕エース。

秋の公式戦11試合で防御率1点台と安定感がある。

橋本拳汰は身長190センチの右のエース。

中学時代にはNOMOジャパンの選ばれた逸材。

戸丸秦吾はチーム打点王。

キャプテンとして捕手としてチームの要だ。

山梨学院(山梨)

私立・2年連続4度目

部員:69人(マネージャー3)

甲子園出場歴:春3回・夏9回

2019年秋季大会:山梨優勝・関東準優勝

名前 背番号 守備 新学年 出身中学 中学所属チーム
吉川 大

富山 富山北部 バンディッツヤング
栗田 勇雅

福島 平第一 いわきボーイズ
橘田 陸斗 一宮 甲府南シニア
功刀 史也 白根巨摩 中学軟式野球部
中島 大介 桃山 大津瀬田ボーイズ
小吹 悠人 福島 小名浜第二 いわきボーイズ
外川 温大 河口湖南 富士河口湖シニア
渡邉 嵩馬 西桂 山梨ふじやまボーイズ
才津 紘大 神奈川 宮崎 都筑中央ボーイズ
河瀬 貴洋 10 富山 奥田 バンディッツヤング
上野 颯夏 11 神奈川 西中原 横浜青葉ボーイズ
笠井 陽介 12 押原 北杜ボーイズ
河野 修慈 13 長崎 大野 中学軟式野球部
志村 佳樹 14 明見 富士河口湖シニア
山元 丈輝 15 静岡 開成 中学軟式野球部
佐内 顕成 16 東京 大島西 新宿シニア
藤巻 洋佑 17 玉穂 中学軟式野球部
松村 駿 18 静岡 岳洋 島田ボーイズ

キープレイヤー

功刀史也は俊足の1番打者。

中学時代は軟式のU15日本代表に選出。

栗田勇雅は1年夏から正捕手を務める。

打者としても4番を務めるチームの中心選手だ。

吉川大は技巧派左腕。

打たせてとる粘り強いピッチングが持ち味。

 

東海大相模(神奈川)

私立・2年ぶり11度目

部員:60人(マネージャー1)

甲子園出場歴:春10回・夏11回

2019年秋季大会:神奈川優勝・関東ベスト4

名前 背番号 守備 新学年 出身中学 中学所属チーム小林 三邦
諸隈 惟大

千葉 二宮 佐倉シニア
神里 陸 沖縄 南星 中学軟式野球部
山村 崇嘉 東海大相模 武蔵府中シニア
加藤 響 厚木 海老名シニア
吉沢 悠佑 東京 府中第五 調布シニア
大塚 瑠晏 栃木 栃木南 小山ボーイズ
西川 僚祐 千葉 古和釜 佐倉シニア
鵜沼 魁斗 千葉 生浜 千葉西シニア
松本 陵雅 秦野西 秦野シニア
石田 隼都 10 栃木 真岡 真岡ボーイズ
金城 龍輝 11 荏田南 横浜緑ボーイズ
半場 陸 12 福岡 板櫃 北九州若松アンビシャス
笠川 洋介 13 愛知 東陵 東山クラブ
小島 大河 14 山王 相模ボーイズ
綛田 小瑛 15 和歌山 下津第一 和歌山シニア
茂谷 光 16 中野島 川崎中央シニア
仙庭 涼一郎 17 西浜 湘南ボーイズ
高橋 綾人 18 湘光 秦野シニア

キープレイヤー

鵜沼魁斗はセンス抜群の1番打者。

2年生ながら2019年の高校日本代表に選出された逸材。

西川僚祐は秋の大会チーム最多打点。

高校通算53本塁打の頼れる4番。

吉沢悠佑は秋の大会打率.615と打ちまくった。

下位だろうがどこからでも点が取れる打線は超高校級。

夏の代表を目指して

今回の中止を受けて選手達は本当にショックだったと思います。

気持ちの切り替えも簡単ではないでしょう。

しかしまだ夏があります。

まだ満足に練習すらできる状況ではありませんが、選手達には腐らずに夏の代表を目指してほしいと思います。

筆者は全ての高校球児を応援します!