2020年【春の選抜高校野球】出場校まとめ〜優勝候補厳選3校と注目選手紹介!今年は近畿勢が強い!?

3月19日に開幕する春の選抜高校野球。

出場校が決まり開幕が待ち遠しいですね。

注目校、注目選手が目白押の今大会。

優勝候補、注目選手たちを厳選して紹介していきます。

2020年選抜高校野球出場校まとめ

選抜高校野球・日程

  • 3月13日(金)組み合わせ抽選会
  • 3月19日(木)開幕
  • 3月27日(金)準々決勝
  • 3月28日(土)休養日
  • 3月29日(日)準決勝
  • 3月30日(月)休養日
  • 3月31日(火)決勝戦

今年は休養日が2日設定されています。

2020年から1週間で500球の球数制限が導入されました。

出場校一覧

21世紀枠(3枠)

・帯広農(北海道)道大会ベスト4※初出場

・磐城(福島)東北ベスト8

・平田(島根)中国ベスト8※初出場

北海道(1枠)

・白樺学園(北海道)優勝※初出場

東北(2枠)

・仙台育英(宮城)優勝

・鶴岡東(山形)準優勝

関東・東京(6枠)

・健大高崎(群馬)関東優勝

・山梨学院(山梨)関東準優勝

・桐生第一(群馬)関東ベスト4

・東海大相模(神奈川)関東ベスト4

・国士舘(東京)東京大会優勝

・花咲徳栄(埼玉)関東ベスト8

東海(3枠)

・中京大中京(愛知)優勝ー神宮大会制覇

・県岐阜商(岐阜)準優勝

・加藤学園(静岡)ベスト4※初出場

北信越(2枠)

・星稜(石川)優勝

・日本航空石川(石川)準優勝

近畿(6枠)

・天理(奈良)優勝

・大阪桐蔭(大阪)準優勝

・智弁学園(奈良)ベスト4

・履正社(大阪)ベスト4

・智弁和歌山(和歌山)ベスト8

・明石商(兵庫)ベスト8

中国・四国(5枠)

・倉敷商(岡山)中国優勝

・鳥取城北(鳥取)中国準優勝

・広島新庄(広島)中国ベスト4

・明徳義塾(高知)四国優勝

・尽誠学園(香川)四国準優勝

九州(4枠)

・明豊(大分)優勝

・大分商(大分)準優勝

・創成館(長崎)ベスト4

・鹿児島城西(鹿児島)ベスト4※初出場

2020年選抜高校野球優勝候補と注目選手

本当は8校ぐらいあげたいところですが…

キリがないので優勝候補厳選3校と注目選手を紹介します。

天理(奈良)

まずは秋の近畿大会を制覇した天理。

奈良大会決勝では智弁学園に3−13と大敗。

しかし近畿大会では報徳学園、奈良大付、履正社、大阪桐蔭と強豪を次々と破って優勝。

神宮大会では仙台育英に勝利したが優勝した中京大中京に9−10で破れる。

中京大中京戦は守備のミスが大量に出てしまったがプロ注目のダブルエース松島、高橋から9得点。

守備のミスさえ出なければ23年ぶりの選抜優勝は射程圏内。

公式戦20本塁打の強力打線に注目だ!

河西 陽路(かわにしひろ)

神宮大会、中京大中京戦では大会新記録の1試合3本塁打と漫画のような活躍をした河西選手。

近畿大会準決勝、履正社戦でもサヨナラ打を放っている。

秋の公式戦打率は4割越え。

これぞ一塁手といった見た目も筆者好み。

瀬 千皓(せ ちひろ)

1年生ながら天理の中軸を任される瀬選手。

近畿決勝大阪桐蔭戦から仙台育英、中京大中京と3試合連続本塁打をマーク。

メガネがトレードマークの見た目とは裏腹に、力強いバッティングが持ち味。

 
ぼんた
「瀬」性は全国で約350人しかいないらしい

明石商業(兵庫)

2019年は春夏連続ベスト4に進出した明石商業。

兵庫大会は決勝で報徳学園に破れ準優勝。

近畿大会はベスト8で大阪桐蔭に敗退するも選抜出場を決める。

1年夏から甲子園を経験しているエース中森の出来次第では優勝も十分狙えるが2番手投手の成長にも期待したい。

選手層も厚く、複数ポジションを経験している選手が多いのも強みだ。

中森 俊介(なかもりしゅんすけ)

世代No.1とも言われるMAX151キロ右腕。

1年夏から甲子園のマウンドに上がっている「経験」は何より大きい。

秋は不調ながらも大阪桐蔭打線相手に4失点にまとめる。

昨年の春夏連続ベスト4を超え、優勝投手を狙う。

来田 涼斗(きだりょうと)

2019年の選抜では1試合で先頭打者本塁打とサヨナラ本塁打を放つ史上初の偉業を達成。

秋の大会も打率4割としっかり結果を残す。

今年は主将としてチームを引っ張る。

1番打者として来田選手が出塁すればチームも盛り上がる!

履正社(大阪)

史上5校目の夏春連覇を目指す履正社。

2019年夏の優勝メンバーが7人残り、戦力、経験共に充実。

近畿大会は準決勝で優勝した天理に4−5と惜敗。

夏の甲子園で優勝した為、新チームの始動が遅れたがそれでも近畿ベスト4は立派。

公式戦チーム打率4割越えの強力打線を武器に夏春連覇を目指す!

関本 勇輔(せきもとゆうすけ)

元阪神タイガース関本賢太郎を父に持つサラブレッド。

主将で捕手で4番打者とまさにチームの要。

秋は公式戦打率4割4本塁打28打点と打ちまくった。

甲子園の大舞台で父の様な活躍に期待。

 
ブーちゃん
根性魂〜♪

小深田 大地(こぶかただいち)

夏の優勝メンバーの中でも3番を任されていた強打者。

秋の公式戦打率はなんと5割越え。

勝負強いバッティングでチームを引っ張る。

過去の名勝負も放送中!
高校野球はGAORA SPORTSで

2020年選抜高校野球優勝候補と注目選手

2020年選抜優勝候補3校をあげましたが今年は全て近畿勢から。

神宮大会王者の中京大中京を推したいところですが神宮王者は選抜で優勝できないジンクスが…

最後に秋春連覇を達成したのは2002年の報徳学園(兵庫)。

近年の選抜優勝校は以下。

年度 優勝校
2020 ???
2019

東邦(愛知・東海地区)

2018

大阪桐蔭(大阪・近畿地区)

2017

大阪桐蔭(大阪・近畿地区)

2016

智弁学園(奈良・近畿地区)

2015 敦賀気比(福井・北信越地区)
2014 龍谷大平安(京都・近畿地区)
2013 浦和学院(埼玉・関東地区)
2012 大阪桐蔭(大阪・近畿地区)
2011 東海大相模(神奈川・関東地区)

過去9年で5回近畿地区から優勝校が出ています。

筆者は今年も近畿から優勝校が出ると予想。

優勝候補にはあげてないが近畿勢は大阪桐蔭、智弁輪和歌山、智弁学園と優勝経験校がずらり

今年の近畿は例年以上に強い!!

 

follow me!!