【高校野球】不祥事による連帯責任はいつまで続く?甲子園出場を決めながら辞退した高校

「野球部員の不祥事により出場辞退」というのは割とよく聞く話。

大会前に事件が発覚して地区予選の出場辞退ならまだ諦めもつくかもしれません。

しかし中には甲子園出場が決定してから出場を辞退した高校も。

今日はそんな出場を決めながら直前で甲子園の土を踏めなかった高校を紹介します。

高校野球の不祥事は連帯責任

不祥事には主に下記のようなことがあります。

  • 部内暴力、イジメ
  • 部員の喫煙、飲酒
  • 部員の窃盗など犯罪行為
  • 指導者の体罰

不祥事の内容によって対外試合禁止処分や謹慎が高野連から下されます。 不祥事を起こした本人がだけが処分されることはあまりなく基本的には「連帯責任」となります。

2000年 敦賀気比(福井)

福井の名門敦賀気比。 1999年秋の福井大会で優勝。 北陸大会も圧倒的な強さで優勝し、神宮大会も準優勝。 現西武ライオンズ、エース内海を軸に北陸勢初のセンバツ優勝が期待されていた

敦賀気比の不祥事

センバツ直前に現役野球部員が無免許飲酒運転で交通事故を起こしたことが発覚。 センバツ出場辞退に追い込まれた。

ブーちゃん
これは流石にアウトw

夏の大会は福井大会決勝で福井商に敗れ、この世代は甲子園の土を踏めなかった。

2006年 駒大苫小牧(北海道)

2004、2005と夏の甲子園を連覇して絶頂期だった駒大苫小牧。 現ニューヨークヤンキースの田中将大の世代。 2005年秋の北海道大会で優勝。 神宮大会も優勝し、センバツの優勝候補だったが…

駒大苫小牧の不祥事

センバツ直前、卒業式を終えた3年生部員が同市内の居酒屋で飲酒や喫煙をして警察に補導された。 2005年夏の優勝メンバーも含まれていたこと、昨夏の前野球部長の暴力事件に続く不祥事になったことを理由に出場を辞退することに。 引退した元部員の不祥事のだったので現役の部員には本当にかわいそうな事件でした。

ぼんた
マー君にもこんな過去があったんだね
この年の駒大苫小牧は不祥事を乗り越えて夏の南北海道大会を制覇。
夏の甲子園3連覇を目指したが決勝で早稲田実に延長再試合の激闘の末に敗れ準優勝。
ブーちゃん
土下座じゃ足りんわ
ちなみにこの年は近畿大会ベスト8でセンバツ出場が決まっていた神戸弘陵(兵庫)も部員の喫煙が発覚して出場辞退する異常事態に。

2005年 明徳義塾(高知)

高知の明徳義塾は夏の甲子園直前のドタバタ劇。 ブーちゃんの愛称で親しまれた元中日の中田亮二の世代。 高知大会決勝で高知高校との接戦を制して優勝したが…

明徳義塾の不祥事

野球部員が下級生に暴力行為を行なっていたことと部員の集団喫煙が発覚。
暴力行為を行なっていた部員の中には甲子園メンバーも含まれていた。
しかも7月には馬淵監督も事態を把握していたが高野連に報告しなかった。
暴行を受けた1年生の親が告発し、事態が明るみに。
結果的に明徳義塾は甲子園出場を辞退。
高知大会優勝が取り消され、準優勝の高知高校が優勝扱いで出場した。
ぼんた
これはタチが悪いね
急遽出場した高知高校はもう完全に引退モード。
繰り上げ出場が決まったのが8月4日。
8月5日に選手が招集され宿舎へ出発。
8月6日に開会式。
8月10日に初戦という超ハードスケジュール。
引退後は当然練習もしていなかったこともあり、初戦で日大三高に敗れた。

連帯責任はいつまで続く

一昔前は野球部に関係のない生徒の不祥事で処分が下されることもよくありました。
1971年の北海高校(北海道)ではなんとサッカー部が起こした不祥事が原因で出場辞退に追い込まれたことも!
最近は時代の流れか連帯責任が適用されることが少なくなっています。
連帯責任がなくなっていくのはいい流れです。
例え野球部員が起こした不祥事でも1人の為に全員が出場できないなんておかしな話です。
当該部員だけを処分すればいいだけのことですから。
しかし野球部の不祥事が無くならないのもまた事実。
僕自身も痛いほど経験しましたが、日本特有の厳しい上下関係などははっきり言って野球とは何の意味もありません
連帯責任はもちろん不祥事も起こらないことが一番!
選手には高校野球を目一杯楽しんでほしいと思います。
follow me!!