明石商・智弁和歌山・智弁学園【2020年選抜高校野球】幻の甲子園メンバーを紹介!

新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれていた第92回選抜高校野球。

残念ながら史上初の中止となってしまいました。

明石商・智弁和歌山・智弁学園 幻の甲子園メンバーを紹介!

選手の気持ちを思うと言葉がありません。

野球人として、野球ブログ運営者として何かできることはないか。

僕にできることはほとんどありませんが、せめて出場するはずだった選手達を記録に残したい。

ということで出場予定だった選手達を紹介したいと思います。

 

※メンバーは秋の大会のものです。

明石商(兵庫)

公立・2年連続3度目

部員:70人

甲子園出場歴:春2回・夏2回

2019年秋季大会:兵庫準優勝・近畿ベスト8

名前 背番号 守備 新学年 出身中学 中学所属チーム
中森 俊介

篠山東 三田ボーイズ
名村 康太郎 揖保川 中学軟式野球部
植本 拓哉 広陵 神戸須磨クラブ
宮城 光伸 大阪 摂津第五 寝屋川中央シニア
冨士川 宗汰 御津 中学軟式野球部
井上 隼斗 大阪 鳳 浜寺ボーイズ
河野 佑哉 五色 ヤング淡路
来田 涼斗 長坂 神戸ドラゴンズ
福井 雄太 兵庫 加古川中部 兵庫加古川ヤング
中野 憂翔 10 生野 高砂シニア
井崎 太玖翔 11 大阪 豊津 東淀川シニア
川上 桂慎 12 大久保 中学軟式野球部
嶋谷 蒼 13 大的 高砂シニア
根木 郁光 14 野々池 中学軟式野球部
松下 裕人 15 加古川中部 中学軟式野球部
福本 綺羅 16 高丘 中学軟式野球部
西田 陸人 17 生野 高砂シニア
山口 瑛史 18 加古川 兵庫加古川ヤング

キープレイヤー

中森俊介は世代ナンバーワンの絶対的エース。

1年夏から3季連続で甲子園で登板している経験も大きい。

来田涼斗はドラフト候補の外野手。

秋は厳しいマークにあいながらも打率4割と結果を残す。

福本綺羅は2年生ながら4番に座る。

センス抜群で来田のを超える可能性も!?。

智弁和歌山(和歌山)

私立・2年連続14度目

部員:24人

甲子園出場歴:春13回・夏24回

2019年秋季大会:和歌山優勝・近畿ベスト8

名前 背番号 守備 新学年 出身中学 中学所属チーム
小林 樹斗

松洋 中学軟式野球部
石平 創士

兵庫 大成 大阪福島シニア
川上 珠嵐 東和 紀州ボーイズ
綾原 創太 貴志 紀州ボーイズ
平田 晃将 大阪 福泉南 和泉ボーイズ
大西 拓磨 奈良 白鳳 奈良葛城ボーイズ
小林 白彪 由良 和歌山日高ボーイズ
細川 凌平 京都 嵯峨 京都東山ボーイズ
徳丸 天晴 大阪 蒲生 大阪東ボーイズ
大仲 勝海 10 西浜 和歌山ボーイズ
矢田 真那斗 11 太地 和歌山南紀ボーイズ
宇井 治都 12 緑丘 和歌山南紀ボーイズ
髙嶋 奨哉 13 岩出第二 粉河シニア
畑 脩平 14 大阪 福泉南 山直ボーイズ
宮坂 厚希 15 太地 和歌山南紀ボーイズ
大林 優平 16 大阪 昭和 中百舌鳥ボーイズ
池田 泰騎 17 大阪 登美丘 中学軟式野球部
中西 聖輝 18 光陽 橿原磯城シニア

キープレイヤー

細川凌平は秋の大会打率・484。

走攻守揃った野球センス抜群のキャプテン。

川上珠嵐は右の長距離砲。

どっしりした体格から期待通りのパワフルなスイングで長打を量産する。

小林樹斗はMAX148キロの本格派右腕。

甲子園のマウンドを2回経験したがまだまだ伸び代あり。

制球力がつけば一気にドラフト上位候補も見えてくる。

 

智弁学園(奈良)

私立・2年ぶり13度目

部員:40人

甲子園出場歴:春12回・夏19回

2019年秋季大会:奈良優勝・近畿ベスト4

名前 背番号 守備 新学年 出身中学 中学所属チーム小林 三邦
西村 王雅

京都 東宇治 京都シニア
田上 拓磨 和歌山 河北 和歌山シニア
今﨑 圭秦 兵庫 友が丘 神戸中央シニア
浦谷 直弥 八木 橿原磯城シニア
山下 陽輔 伏見 奈良西シニア
三田 智也 群馬 北橘 前橋桜ボーイズ
山﨑 空雅 兵庫 須佐野 神戸中央シニア
白石 陸 広島 横路 府中広島2000
前川 右京 三重 一身田 津ボーイズ
小畠 一心 10 大阪 長尾 オール住之江
荒川 翔太 11 滋賀 豊日 滋賀ユナイテッドジェイボーイズ
佐藤 尊将 12 兵庫 湊川 神戸中央シニア
岡島 光星 13 大阪 枚岡 生駒ボーイズ
植垣 洸 14 五條西 橿原ボーイズ
垪和 拓海 15 兵庫 福田 神戸中央シニア
大橋 誠斗 16 緑ヶ丘 奈良西シニア
浅野 皓星 17 滋賀 守山南 滋賀栗東ボーイズ
岡田 皓一朗 18 大阪 喜連 大阪生野シニア

キープレイヤー

小畠一心は作夏の甲子園で1年生ながら先発登板した逸材。

秋は絶不調だったが本来の自分を取り戻せるか。

浦谷直弥は秋の公式戦5割と活躍。

チャンスに強い大型の2塁手だ。

前川右京は名門で1年春から4番に座るスラッガー。

秋の大会はダントツでチーム3冠王。

夏の代表を目指して

今回の中止を受けて選手達は本当にショックだったと思います。

気持ちの切り替えも簡単ではないでしょう。

しかしまだ夏があります。

まだ満足に練習すらできる状況ではありませんが、選手達には腐らずに夏の代表を目指してほしいと思います。

筆者は全ての高校球児を応援します!

 

follow me!!